6.13.2008

Chicken Rice Ball @ Famosa 海南鸡饭団



シンガポールチキンライスはそもそもボール状になって売られていた(シンガポールナショナルミュージアム)。シンガポールと食と文化の共通点が多いマラッカではチキンライスボールが名物である。シンガポールチキンライスは60年以上の歴史がある。尚、海南島の元祖チキンライスは、シンガポールのチキンライスとは別物といっていいだろう(海南鶏飯食堂松本店長談)。元祖チキンライスは単純に茹でた茹でた鶏を(味付けされていない又は、チキンと豚骨スープで炊いた)白米と一緒に提供される。ソースはグリーンチリで出来たものが主流だ。結果、シンガポールにあるハイナニーズチキンライスはハイナン島の移民がシンガポールでその他の民族(広東省・インド)の影響を受けて作った、シンガポール料理と言える。その証拠に、シンガポールチキンライスはジェネリックなネーミングにもなっている。広東人はソースと鶏の茹で加減に貢献し、ライスはインドや中近東で使われている、ピラフ方式だ。ピラフ方式とは、ライスを炊く前に香味野菜とお米を油で一緒に炒めた後、ブイヨンでライスを炊く方式の事である。さて、元祖シンガポールチキンライスはそもそも、おにぎりのようになっていた。マレーシアのマラッカへ行くとまだその元祖チキンライスが食べられる。ぱさっとしたジャスミンライスではなく、ジャポニカ米(日本米)に近いライスを使用する。何故、元祖シンガポールチキンライスがおにぎり状になっていたかと言うと、訪問販売していた当時、持ち運びに便利とされていたからである。注文を受けると、おにぎりはバナナリーフに切った鳥と一緒に包むのである。

And then there is chicken rice balls. Who ever thought of this morsel? Make chicken rice into a ball? Actually it was pretty damn good. Rice balls are popular snack in Japan as well -made from plain rice or flavored rice (with dashi) stuffed with all kinds of ingredients -sour plum, grilled salmon, pickles, etc. When I visited the Singapore National Museum last year, there was this incredibly entertaining hawker exhibition. In this exhibition were booths and one of them was chicken rice (others being bak kut teh, roti prata, char kway teow, etc). The history of chicken rice were detailed through a video and according to this video, chicken rice ball is the original chicken rice then transformed into the nowadays chicken rice.. (infopedia singapore quotes something of the same nature) hmmm how interesting.

1 件のコメント:

Jerome Foo さんのコメント...

Hi, nice blog! Half of my family from Singapore and I actually just was in Singapore yesterday! I'm in Tokyo now though, miss the food already.

Anyways, I believe this is the form of Chicken Rice from Malacca (in Malaysia). Apparently workers in the field used to take it out with them for lunch or dinner because it is much easier to transport, just like おにぎり!